家を建てること

みなさんはどんな家を建てたいですか?
人生において家は大きな買い物です。家を建てるときにどのような基準でハウスメーカーを選ぶべきなのか、どこを気にしたらよいのか。このページはそんなことをご紹介しています。

住宅ローンの選び方

住宅ローンには銀行によるローンと、住宅金融支援機構と民間金融機関が提供するローンの大きく分けて2種類が存在する。また、会社員に限り、財形住宅融資制度の利用も可能である。

ローンを組む際には必ず金利タイプを選択する。金利タイプは変動型と固定型に分けられる。

変動型のメリットは金利が低く設定されているという点である。金利が変動しないとすると、固定型よりも圧倒的に安く抑えることができる。しかし、金利変動により、返済額は大きく増える可能性もあると言える。近年は大きな増加はないものの、この先も低金利であるという確約はないため、もし大きな変動があった場合にも、対応することができる人に向いている金利タイプである。

固定型は変動型よりも金利が高めに設定されているが、固定期間中に金利が変動しないため、大きな金利の増加の影響を受けないというメリットがある。ローンは返済の期間が長いため、金利変動が起きる可能性が否めない。そのため、変動によるリスクを回避できるのが固定金利である。固定期間選択型には当初優遇と通期優遇の2種類の優遇金利がある。当初は返済額を抑えたい人は当初優遇、長期的に安定して返済をしたい人は通期優遇が向いていると言える。当初優遇は通期優遇に比べ、当初期間終了後の金利が高くなる場合があるため、注意する必要がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする