家を建てること

みなさんはどんな家を建てたいですか?
人生において家は大きな買い物です。家を建てるときにどのような基準でハウスメーカーを選ぶべきなのか、どこを気にしたらよいのか。このページはそんなことをご紹介しています。

家の断熱材にこだわる

家づくりは見た目だけにこだわってはいけない。住む地域に応じて、家の断熱についても考慮する必要がある。
断熱は、「内断熱」「外断熱」と二種類の工法が基本となり、天井・屋根・壁・床など、外の気温が伝わる部分すべてに断熱材を入れることで実現される。
気密性がより高いのは、「外断熱」である。
外側から家全体を包み込み、外からの熱を遮断する方法である。この場合、ボード状の発泡プラステック類を使用するのが一般的である。これは配線・配管などによる穴開けが少ないため、結露しにくいというメリットもある。ただし、家全体を包み込む分だけ断熱材で覆う部分が多いので、施工費が割高になるのがデメリットとなる。
一方「内断熱」は、壁の内部に断熱材を入れる。綿状のグラスウールを詰めたり、ファイバー状の素材を吹き込んだりと材料・工法をいろんな種類から選ぶことができ、気密性が外断熱には劣るとは言え、断熱性は確保できるとともに外断熱よりも比較的低価格で施工できるのが魅力である。

住む地域や費用によって、どの断熱材がよいのかも考えることで、家を建てた後の快適性もかわる。気にしておくとよい点である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする