家を建てること

みなさんはどんな家を建てたいですか?
人生において家は大きな買い物です。家を建てるときにどのような基準でハウスメーカーを選ぶべきなのか、どこを気にしたらよいのか。このページはそんなことをご紹介しています。

省エネ住宅とは

もともと日本の住宅は、冷暖房がない時代に高温多湿な夏をできるだけ快適に
過ごせるようにということを考えられたものでした。
しかし、冷暖房などの電化製品や設備が普及するにしたがって、
その構造では効率が悪くなってしまいました。
そこで考えられたのが、消費するエネルギーを最小限に抑えても、
夏は涼しく冬は暖かく一年を通して快適に暮らせる住宅です。

そして、省エネ住宅はただ住む人の快適さを追求するためでなく、
エネルギーの消費が大きいと、地球の環境破壊に関係してくることから、
世界に広がってるエコ活動の一環として、国としても
推進しているということを知っておいた方がいいでしょう。

国土交通省は、すでに1999年に「住宅・建築物の次世代省エネルギー基準」を発表しており、
2013年にはさらに改正されたものが施工されています。
現時点では、住宅に関して適合性判定は義務化していませんが、
2020年をめどに新築住宅に省エネルギー性能を備えることを義務化する動きがあります。
新築を建てる場合は、基準を満たす必要がありますので、家を建てることを考えている方は
その基準について知っておいたほうが良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする